今週の映画ランキング1月20日~1月21日

1位NEW(-)ジオストームジオストームワーナー 1週目
2位NEW(-)嘘を愛する女嘘を愛する女東宝 1週目
3位DOWN(1)スター・ウォーズ/最後のジェダイスター・ウォーズ/最後のジェダイディズニー 6週目
4位NEW(-)パディントン2パディントン2キノフィルムズ 1週目
5位DOWN(2)キングスマン:ゴールデン・サークルキングスマン:ゴールデン・サークルFOX 3週目
※写真をクリックすると公式サイトが開きます。

ニュースニュース一覧

『ジオストーム』が初登場1位を獲得!『嘘を愛する女』は2位、『パディントン2』は4位スタート(1月20日-1月21日)(2018.01.22)new


今週の映画動員ランキングは、『ジオストーム』(ワーナー)が、土日2日間で動員17万1000人、興収2億4200万円をあげ初登場1位を飾った。初日からの3日間累計興収は3億円を突破している。全世界の天候を制御する気象コントロール衛星の暴走で地球規模の異常気象が起こる中、この未曽有の危機に立ち向かう人々を描くディザスターパニックアクション。
  • 「第72回毎日映画コンクール」日本映画大賞は「花筐/HANAGATAMI」(2018.01.22) new
    毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催による「第72回毎日映画コンクール」の受賞作品と受賞者が決定し、日本映画大賞には大林宣彦監督作「花筐/HANAGATAMI」が輝き、美術賞と合わせて2冠を獲得した。(1月18日付 日刊興行通信より)
  • このお2人での司会は2度目!「三度目の殺人」「関ヶ原」が最多10部門受賞!「第41回日本アカデミー賞」優秀賞発表(2018.01.15)
    「第41回日本アカデミー賞」正賞15部門の各優秀賞の他、新人俳優賞、協会特別賞などが1月15日(月)に発表され、作品賞には「三度目の殺人」(10部門受賞)、「関ヶ原」(10部門受賞)、「花戦さ」(8部門受賞)、「ナミヤ雑貨店の奇蹟」(5部門受賞)、「君の膵臓をたべたい」(2部門受賞の他、新人俳優賞)が決定した。授賞式は3月2日(金)に開催され、日本アカデミー賞協会副会長であり、8度目の司会を務めることとなる俳優の西田敏行が、昨年「湯を沸かすほどの熱い愛」で最優秀主演女優賞を受賞した宮沢りえと共に授賞式を盛り上げる。
  • 『スター・ウォーズ〜』が5週連続1位を獲得!『劇場版 マジンガーZ』は6位、『ネイビーシールズ〜』は7位にランクイン(1月13日-1月14日)(2018.01.15)
    今週の映画動員ランキングは、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(ディズニー)が、土日2日間で動員14万2000人、興収2億700万円をあげ5週連続の1位を達成し、冬休みが終了しても快進撃が止まらない。全世界興収は12億6494万ドル(約1390億円)を超え、昨年の大ヒット作「美女と野獣」を抜き歴代10位となった。また、日本での累計興収は65億円を突破、歴代興収ランキングTOP100位内にランクインしている。
  • 「2017年 第91回キネマ旬報ベスト・テン」発表(2018.01.15)
    (株)キネマ旬報社が発表する「2017年 第91回キネマ旬報ベスト・テン」の日本映画第1位に「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」、外国映画第1位に「わたしは、ダニエル・ブレイク」が決定した。(1月11日付 日刊興行通信より)
  • 「TOHOシネマズ日比谷」3月29日オープン(2018.01.15)
    TOHOシネマズ(株)は、千代田区有楽町に都内最大級となる「TOHOシネマズ日比谷」(13スクリーン、約2800席)を3月29日にオープンする。東京ミッドタウン日比谷内の11スクリーン、約2200席に加え、スカラ座・みゆき座を改装し一体運営とする。(1月11日付 日刊興行通信より)
  • 丸の内ピカデリーで「アニメーション爆音映画祭」初開催(2018.01.12)
    「アニメは“音”でもっと楽しめる!」をコンセプトに「丸の内ピカデリー アニメーション爆音映画祭」(主催:(株)松竹マルチプレックスシアターズ、協力:(株)ローソンHMVエンタテイメント、(株)boid)が、1月12日から2月2日まで丸の内ピカデリー3で初開催される。(1月10日付 日刊興行通信より)
  • 第75回ゴールデン・グローブ賞「スリー・ビルボード」が4冠(2018.01.10)
    第75回ゴールデン・グローブ賞授賞式が1月7日(日本時間8日)にロサンゼルスのビバリー・ヒルトン・ホテルで開催された。映画の部では、ドラマ部門作品賞はマーティン・マクドナー監督作「スリー・ビルボード」(FOX配給、2月1日公開)が輝き、脚本賞、主演女優賞(フランシス・マクドーマンド)、助演男優賞(サム・ロックウェル)も獲得し、最多4冠となった。(1月8日付 日刊興行通信より)
  • 『スター・ウォーズ〜』が4週連続1位を獲得!『キングスマン』最新作が初登場2位!ほか新作2本がランクイン(1月6日-1月7日)(2018.01.09)
    2018年最初の週末の映画動員ランキングは、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(ディズニー)が、土日2日間で動員22万8000人、興収3億4300万円をあげ4週連続1位を獲得、このお正月映画No.1作品にふさわしい2018年の門出を飾った。1月8日(月・祝)までの累計動員数は410万人、累計興収は61億円を突破している。
  • 北海道の大地でスケールの大きい映像が撮れました!吉永小百合の今年の抱負は!?篠原涼子と一緒に・・・!「北の桜守」完成披露会見(2018.01.04)
    吉永小百合にとって映画出演120本目となり、「北の零年」「北のカナリアたち」に続き、優大な北海道を舞台に人間模様を描いた“北の三部作”最終章となる「北の桜守」の完成披露会見が1月4日(木)に行われ、主演の吉永をはじめ、堺雅人、篠原涼子、岸部一徳、滝田洋二郎監督が登壇した。吉永は「昨年2月からスタッフと心を1つにして撮影した作品です。私にとりましては、59年前に映画初出演してから120本目となり、よくここまでやってこられたという気持ちで、ホッとしております。スタッフ、キャストに支えられ、大変な撮影を乗り越えることができ、感謝しています」と挨拶した。





「ジオストーム」(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., SKYDANCE PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC/「嘘を愛する女」(C)2018「嘘を愛する女」製作委員会/「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved./「パディントン2」(C)2017 STUDIOCANAL S.A.S All Rights Reserved./「キングスマン:ゴールデン・サークル」(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

ページのトップへ