今週の映画ランキング2月23日~2月25日

1位STAY(1)劇場版ハイキュー!! ゴミ捨て場の決戦劇場版ハイキュー!! ゴミ捨て場の決戦東宝 2週目
2位NEW(-)マッチングマッチングKADOKAWA 1週目
3位STAY(3)「鬼滅の刃」 絆の奇跡、そして柱稽古へ「鬼滅の刃」 絆の奇跡、そして柱稽古へ東宝/アニプレックス 4週目
4位DOWN(2)機動戦士ガンダムSEED FREEDOM機動戦士ガンダムSEED FREEDOMバンダイナムコフィルムワークス/松竹 5週目
5位NEW(-)マダム・ウェブマダム・ウェブソニー 1週目
※写真をクリックすると公式サイトが開きます。

全米映画ランキング2月16日~2月18日

1位NEW(-)ボブ・マーリー:ONE LOVEパラマウント 1週目
2位NEW(-)マダム・ウェブソニー 1週目
3位DOWN(1)ARGYLLE/アーガイルユニバーサル 3週目
4位UP(5)FLY!/フライ!ユニバーサル 9週目
5位NEW(-)The Chosen: Season 4 Episodes 4-6ファゾム・イベンツ 1週目

ニュースニュース一覧

『劇場版ハイキュー!! ゴミ捨て場の決戦』が2週連続1位!新作は2位に『マッチング』、5位に『マダム・ウェブ』など3作品登場(2024年2月23日-2月25日)(2024.02.26)new




今週の動員ランキングは、『劇場版ハイキュー!! ゴミ捨て場の決戦』(東宝)が、3連休となった週末3日間で動員78万1000人、興収11億2000万円をあげ、2週連続1位に輝いた。累計成績は早くも動員290万人、興収41.8億円を突破している。
  • 「午前十時の映画祭14」4月5日から計27本上映(2024.02.23)
    川喜多記念映画文化財団と映画演劇文化協会は、「午前十時の映画祭14」を4月5日からTOHOシネマズ日本橋他全国65劇場で約1年間に亘り開催し、新作19本、再上映8本の計27本を発表した。(2月21日付 日刊興行通信より)
  • 「百円の恋」の中国リメイク版が最高興収を達成(2024.02.22)
    2月10日から中国で公開され、春節期一番のヒットを記録している「百円の恋」の中国リメイク版「YOLO(英題)」(=You only live once.)が、2月17日までに興収27・24億元(約544・8億円)を突破し、日本映画の中国リメイク作で最高興収を達成した。(2月20日付 日刊興行通信より)
  • 「ミッドランドシネマ名古屋空港」一部設備をリニューアル(2024.02.21)
    中日本興業(株)が運営する「ミッドランドシネマ名古屋空港」は、一部設備のリニューアルを実施し、3月18日から4月26日までの期間(予定)で、1スクリーン毎に順次工事を行っていく。(2月19日付 日刊興行通信より)
  • 『劇場版ハイキュー!! ゴミ捨て場の決戦』がダントツの初登場1位!新作では『ボーはおそれている』も5位にランクイン (2024年2月16日-2月18日)(2024.02.19)
    今週の動員ランキングは、古舘春一が「週刊少年ジャンプ」に2012年2月から連載を開始し、バレーボールに懸ける高校生たちの熱い青春を描いた人気漫画をアニメ化した『劇場版ハイキュー!! ゴミ捨て場の決戦』(東宝)が、初日から3日間で動員152万9000人、興収22億3000万円をあげ、初登場1位に輝いた。今年公開作品の中でもダントツの1位スタートとなり、早くも「今日で5試合目!」などリピーターが続出している。
  • 日本アカデミー賞新人俳優賞受賞者撮り下ろし企画(2024.02.19)
    「日本アカデミー賞」が第35回より開催している新人俳優賞受賞者の撮り下ろし企画「NEW CINEMA FACE2024」が今年も2月23日から3月15日までMIYASHITA PARKで行われる。(2月15日付 日刊興行通信より)
  • 「百円の恋」中国リメイク作品が大ヒット(2024.02.16)
    2014年12月に公開され、「日本アカデミー賞」最優秀主演女優賞など国内外合わせ21冠を達成した武正晴監督、安藤サクラ主演作「百円の恋」が中国でリメイクされ、公開から3日間で237億円を突破した。(2月14日付 日刊興行通信より)
  • ペマ・ツェテン監督追悼特集上映、2月16日から開催(2024.02.14)
    東京フィルメックスは、昨年5月に心臓発作により53歳で急逝したペマ・ツェテン監督の特別追悼特集上映を、2月16日から29日までヒューマントラストシネマ有楽町で実施する。(2月12日付 日刊興行通信より)
  • 「109シネマズゆめが丘」7月にオープン(2024.02.14)
    (株)東急レクリエーションは、7月に横浜市泉区で開業予定の商業施設「ゆめが丘ソラトス」内に「109シネマズゆめが丘」(10スクリーン、約1300席)をオープンする。(2月12日付 日刊興行通信より)
  • 『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』が再び1位!『身代わり忠臣蔵』『夜明けのすべて』など新作3本もランクイン (2024年2月9日-2月11日)(2024.02.13)
    今週の動員ランキングは、『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』(バンダイナムコフィルムワークス/松竹)が、週末3日間で動員24万7000人、興収4億4900万円をあげ、再び1位に返り咲いた。累計成績は、振替休日となった2月12日(月)までに動員163万5000人、興収26億8400万円を突破。





「劇場版ハイキュー!! ゴミ捨て場の決戦」(C)2024「ハイキュー!!」製作委員会 (C)古舘春一/集英社 /「マッチング」(C)2024「マッチング」製作委員会/「「鬼滅の刃」 絆の奇跡、そして柱稽古へ」(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable /「機動戦士ガンダムSEED FREEDOM」(C)創通・サンライズ/「マダム・ウェブ」(C)& TM2024 MARVEL. (C)2024 CPII. All Rights Reserved.

ページのトップへ