今週の映画ランキング6月7日~6月9日

1位NEW(-)劇場総集編ぼっち・ざ・ろっく! Re:劇場総集編ぼっち・ざ・ろっく! Re:アニプレックス 1週目
2位UP(3)名探偵コナン 100万ドルの五稜星(みちしるべ)名探偵コナン 100万ドルの五稜星(みちしるべ)東宝 9週目
3位DOWN(2)帰ってきた あぶない刑事帰ってきた あぶない刑事東映 3週目
4位DOWN(1)マッドマックス:フュリオサマッドマックス:フュリオサワーナー 2週目
5位DOWN(4)劇場版 ウマ娘 プリティーダービー 新時代の扉劇場版 ウマ娘 プリティーダービー 新時代の扉東宝 3週目
※写真をクリックすると公式サイトが開きます。

全米映画ランキング6月7日~6月9日

1位NEW(-)バッドボーイズ RIDE OR DIEソニー 1週目
2位DOWN(1)The Garfield Movieソニー 3週目
3位STAY(3)ブルー きみは大丈夫パラマウント 4週目
4位NEW(-)ザ・ウォッチャーズワーナー 1週目
5位DOWN(4)猿の惑星/キングダム20thセンチュリー 5週目

ニュースニュース一覧

赤血球役の永野芽郁が白血球役の佐藤健に守ってもらってキュン!「はたらく細胞」製作発表会(2024.06.11)



驚きの世界最小ポスターも披露!

細胞を擬人化して描き、その斬新かつユニークな設定が話題を呼んだ清水茜による漫画を、武内英樹監督が実写映画化する「はたらく細胞」の製作発表会が6月11日(火)に行われ、W主演を務めることが明らかとなった赤血球役の永野芽郁、白血球役の佐藤健、そして武内監督が登壇した。永野は「やっと私たちが演じることをお伝えできて嬉しい」と笑顔を見せ、佐藤も「話をしたくてウズウズしていました。笑って泣ける王道のエンターテインメントを楽しみながら、理科の勉強もできる、孫に見せたい作品ができました!」と自信を覗かせた。
  • 「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2024」オープニング作品は串田壮史監督作「初級演技レッスン」(2024.06.13) new
    7月13日から21日まで埼玉県川口市のSKIPシティで上映、7月20日から24日までオンライン配信が行われる「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2024」の記者発表が6月7日に行われた。 本年度のコンペティションは、102の国と地域から1201本の応募があり、その中から24本を選出。オープニング作品は、2020年に「写真の女」でSKIPシティアワードを受賞した串田壮史監督作「初級演技レッスン」を上映する。(6月11日付 日刊興行通信より)
  • 渡邉美穂&木村柾哉のW主演で「あたしの!」実写化(2024.06.12)
    「ヒロイン失格」「センセイ君主」など人気ラブコメ漫画を生み出してきた幸田もも子による「あたしの!」が渡邉美穂&木村柾哉のW主演で実写化され、ギャガ配給により今秋全国公開される。(6月10日付 日刊興行通信より)
  • 『劇場総集編ぼっち・ざ・ろっく! Re:』が初登場1位!この他『コードギアス 奪還のロゼ 第2幕』など新作3本もランクイン (2024年6月7日-6月9日)(2024.06.10)
    今週の動員ランキングは、人気4コマ漫画を基に2022年秋に放送されたTVアニメを再編集した2部作の前編『劇場総集編ぼっち・ざ・ろっく! Re:』(アニプレックス)が、初日から3日間で動員14万人、興収2億1800万円をあげ、初登場1位に輝いた。
  • 全興連がミニシアター支援プロジェクト始動(2024.06.06)
    全興連はミニシアター支援プロジェクトを始動させ、第1弾として「佐久間宣行のNOBROCK TV」とのコラボ動画配信を開始した。(6月4日付 日刊興行通信より)
  • 1位に『マッドマックス:フュリオサ』が初登場!この他新作は『映画 からかい上手の高木さん』が5位にランクイン (2024年5月31日-6月2日)(2024.06.03)
    今週の動員ランキングは、ジョージ・ミラー監督が「マッドマックス 怒りのデス・ロード」の前日譚を描いた『マッドマックス:フュリオサ』(ワーナー)が初日から3日間で動員19万9000人、興収3億1900万円をあげ、初登場1位に輝いた。
  • シネマサンシャイン2館が四国地方初のプレミアムシアター導入(2024.06.03)
    佐々木興業(株)は、「シネマサンシャインエミフルMASAKI」に3面マルチスクリーンシアター「ScreenX PREMIUM LARGE FORMAT」を、「シネマサンシャイン衣山」にIMAX社の最新鋭上映システム「IAMXレーザー」を7月12日に導入する。(5月30日付 日刊興行通信より)
  • 「第77回カンヌ国際映画祭」パルムドールは「アノーラ」が受賞(2024.05.30)
    「第77回カンヌ国際映画祭」が現地時間5月25日に閉幕し、コンペティション部門の最高賞にあたるパルムドールには、アメリカのショーン・ベイカー監督作「アノーラ(原題)」が輝いた。(5月28日付 日刊興行通信より)
  • 「109シネマズ広島」に「ScreenX」の最新スペック版導入(2024.05.29)
    (株)東急レクリエーションは、運営する「109シネマズ広島」に広島県初となる視界270度の3面ワイドビューシアター「ScreenX」の最新スペック版を7月12日から導入する。(5月27日付 日刊興行通信より)
  • 『帰ってきた あぶない刑事』が初登場1位!この他新作は『劇場版 ウマ娘 プリティーダービー〜』『デデデデ 後章』などがランクイン (2024年5月24日-5月26日)(2024.05.27)
    今週の動員ランキングは、舘ひろし&柴田恭兵主演で80年代から人気を博してきたドラマ&映画シリーズの最新作『帰ってきた あぶない刑事』(東映)が、初日から3日間で動員25万1600人、興収3億5300万円をあげ、初登場1位を獲得した。2016年公開の前作「さらば あぶない刑事」の最終興収16.3億円超えとなる興収20億円も射程圏内のヒットスタートを切った。





「劇場総集編ぼっち・ざ・ろっく! Re:」(C)はまじあき/芳文社・アニプレックス/「名探偵コナン 100万ドルの五稜星(みちしるべ)」(C)2024 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会/「帰ってきた あぶない刑事」(C)2024「帰ってきた あぶない刑事」製作委員会/「マッドマックス:フュリオサ」(C)2024 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved./「劇場版 ウマ娘 プリティーダービー 新時代の扉」(C)2024 劇場版「ウマ娘 プリティーダービー 新時代の扉」製作委員会

ページのトップへ